未分類

猫の食べ過ぎを防ぐキャットフードの自動給餌器

投稿日:

現在ではペット同伴のホテルが増えていますが、基本的には旅行に出かける際には猫は自宅待機の形になりますよね。

自宅待機させていても食事に困らないようにするために、いつもよりも倍の量を食事皿に載せておくことで食事面を対処しようとする人が多いです。ただしいつもより倍置いておけばよいと考えるのは健康上問題になることがあります。長時間お皿に放置することでキャットフードが劣化してしまうこともあるのですが、それ以上に猫は餌が目の前にあれば飢餓状態を避けるために食べ過ぎる傾向にあるので肥満につながる可能性が高いです。

旅行などで長く家を空けていても、猫がお腹を空かせないのと食べ過ぎを防ぐという両方の目的を叶えるために、猫を飼っている家庭で増えているのが自動給餌器というものです。自動給餌器は内部に餌を入れる容器があるので、その中にキャットフードを入れてセットします。セットしたら、機器の上部にある設定ボタンでえさを与える時間と量を予約するだけです。決められた時間が予約ができれば、あとは自動給餌器が決められた量を受け皿に流すことでキャットフードを与えることができます。

自動給餌器は便利ですが使い方には注意がいります。猫は警戒心の強い生き物なので、いきなり自動給餌器で与えようとしても警戒して食べてくれないことも考えられます。そのためいきなり自動給餌器を使用して食べさせようとするのではなく、最初は飼い主が自動給餌器の受け皿に餌を置いて食べさせて安全なものであると慣れさせてから自動設定で食べさせることが良いです。そしていくら便利といっても、餌をセットする容器に大量に入れてしまうと空気に触れない分劣化は遅いですがそれでも品質が落ちることに変わりないです。そのため仕事や旅行で離れるのであれば、必ず自身が帰宅できる日と合わせてえさの量を入れると劣化を防ぐことにつながります。

そして自動給餌器のメリットは餌の心配をしなくても済むということもありますが、やはり量を制限できるので肥満に悩んでいる猫にも食べ過ぎを防ぐ目的で便利です。ただ肥満といっても栄養が不足するのはよくないので、そのときには添加物がなく材料を吟味してつくられたモグニャンのようなキャットフードを食べさせるのもお勧めです。

-未分類

Copyright© タマの寝言 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.