未分類

猫がキャットフードを丸のみする?丸のみする理由や吐く原因、対策について

投稿日:

猫はもともとあまり噛まないで食べる動物なので、キャットフードを丸のみしてしまうことがあります。

猫はライオンやトラと同じ肉食動物であるため、肉を切り裂く時に活用する犬歯や切り歯は発達していますが、食べ物を細かくするための「臼歯」はあまり発達していないのです。キャットフードがのみ込めないくらい大きければ噛んで細かくするのですが、もともと細かいキャットフードは噛まずに丸のみしてしまうことになってしまいます。

猫がキャットフードを丸のみして吐いてしまう原因とは、キャットフードをあまり噛まないことで喉に引っかかり、吐いてしまうことが考えらます。また、キャットフードには様々な種類が販売されており、素材や添加物の組み合わせは千差万別です。

キャットフードの相性が合わないと、どうしても吐く回数が増えてしまいます。また、早食いでキャットフードを丸のみすると、キャットフードの粒が小さかったとしても、喉に引っかかって吐く原因になってしまいます。モリモリと餌を食べてもらえるのは嬉しいですが、肥満になってしまうこともあるので注意が必要です。

猫の丸のみを防ぐための対策法があります。猫がのみ込めないくらいのサイズのキャットフードを買い与えることで、噛むことを覚えさせるという方法です。

きちんと餌を噛んで食べれば、歯のケアや顎の強化にも繋がります。しかし、普段から餌を丸のみをしている猫は、いきなり大きいサイズのキャットフードに変えると、そのキャットフードを丸のみして事故に繋がることもあるので注意しましょう。また、一度にたくさんの量のキャットフードを与えると、早食いや丸のみに繋がってしまいます。猫が丸のみする一つに理由に、「餌を誰にも横取りされたくない」という本能が働いていることも考えられます。

少量のキャットフードを与えるようにすれば、丸のみや早食いにより餌が喉に引っかかるのを防ぐことができるでしょう。猫の健康のために、餌をあげる方法は工夫してみましょう。

-未分類

Copyright© タマの寝言 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.